私の考え


日本に永住する在日韓国人である私の考えです。
by chazanmyon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第2次安倍政権が壊したもの

間もなく衆議院選挙。
投票率が低くなることが予想され、これも自公に有利に働くというニュースを見た。

残念なことに私には選挙権がないのだが、安倍政権に退陣願いたい気持ちは多くの
有権者の方々と同じなため、ここで安倍政権が壊したものについて考えてみる。

まずは国民の生活だ。アベノミクスとか言って、金融市場に介入して円安を誘導。
これにより株価は高まった。そして輸出がメインの大企業も潤った。

しかし、一般国民の生活はというと、円安による原材料の急騰により、生活用品の
値上げ、ガソリンや電気、ガス代も軒並み値上がりして、家庭生活を圧迫した。

政権与党は企業の好景気により、国民の所得も増えるというが、今のところ
それを感じている国民はほとんどいない。私自身も製造業に身を置くが、
全くと言っていいほど、豊かさを感じられないというより、生活は苦しく
なっている。

更には4月から始まった消費税の増税。
この3%は給与が増えない者にとっては大きな痛手となる。
それでもこれが社会保障のために使われて、本当に困っている人達の
ために使われているのなら、我慢もできる。

しかし、実際の使い道は、公共事業へのバラマキだ。
一部ゼネコンが一時的に儲かるような旧来型の官主導の経済政策だ。
こんなもので国民の生活が豊かになるはずがない。

そして、2つ目は韓国、中国との関係だ。
相変わらずの歴史修正主義者ぶりで、中国とは最近ようやく首脳会談をしたものの、
内容的には空虚な者であり、会談時の写真に信頼関係のなさが現れていた。

韓国に至っては首脳会談が2年間で”0”という異常な事態である。
安倍氏は日本はいつも扉を開けているというが、従軍慰安婦の問題に対しては
日本は解決済みと門を閉ざしている。従軍慰安婦自体がなかったかのような
発言も聞こえてくる。過去に対して真摯に向き合う姿勢が求められている。

3つ目は解釈改憲による集団的自衛権の一部容認だ。
戦後約70年もの間、直接的には戦争に加担してこなかった日本を、米国とともに
戦争のできる国にしようというのである。しかもそれを時の政権が勝手に決めてしまう
というのだ。憲法を冒涜しているとしか言えない。そして、国民の声を押さえ込むために
秘密保護法を施行するというのだ。民主主義の根幹をぶっ壊してしまう。

民主党の政権運営は残念な面も多かったですが、今の安倍政権の強健ぶりを見ていると
まだずっとましだったと考えます。

こんな安倍政権に日本の国民のみなさんはまだ政権を取らせるのだろうか。
立ち止まるなら今しかないと思います。残念ながら投票率が下がれば下がるほど、
組織票を多く持つ与党が有利になってしまう。一人でも多くの人達が、安倍政権に
NOを表明して、投票に言ってくれることを願う。

[PR]

by chazanmyon | 2014-11-30 17:09 | 日本社会
<< 戦後70年、在日70年 暴走する安倍政権にNOを!! >>