私の考え


日本に永住する在日韓国人である私の考えです。
by chazanmyon
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:参政権( 7 )


永住外国人の地方参政権獲得に対して積極的な報道を!

11月7日に民団は、地方参政権獲得に向け、集会を開催し5000人を動員した。
しかし、メディアの扱いは極めて厳しいものだった。

小沢ショックなど、情勢としては非常に厳しい状況であったが、平日にもかかわらず
首都にたくさんの人間を動員したにも関わらず、メディアの関心の低さを痛感させられた。

結局のところ、日本の人達は永住外国人が参政権を持つことは望まないのか。
とは私は思わない。関心が低いことは否めないが、ネットで多く見られるような
反対意見であるとは決して思わないし、思えない。

メディアの取り上げる話題とはなんだろうか。
どういう基準でニュースを取り上げるのだろうか。
それは誰が決めているのだろうか。
漠然と疑問に思う。
[PR]

by chazanmyon | 2007-11-09 00:28 | 参政権

地方参政権獲得の好機となれ!

安倍強硬路線から福田温和路線に政権が移行したことにより、政策が
大きく変わる可能性が出てきた。参院で野党が過半数を獲得したことも
大きいが、ここにきて、「永住外国人の参政権獲得」が現実のものとなる
可能性が高まったと考える。

その試金石が、先の沖縄の教科書検定問題だ。
土曜日とは言え、10万人を超える人達が集まり、検定意見撤回を訴えた。
これにメディアが動き、世論も後押しし、政府が動いた。
(まだ現実には動いていないともとれるが)

私も拙速かもしれないが、大きな好機と捉えている。
以下は民団新聞の記事であるが、11月7日に大々的に集会を行うと言う。

http://mindan.org/11-7kekkitaikai/index.htm

平日のど真ん中にどれだけの人が集まるのかはわからないが、しばらく
まともな審議すらされていない「永住外国人に対する参政権付与法案」には
大きな影響を与えるであるだろう。

参院で第一党tなった民主党は、党としては無論賛成の意向であり、小沢代表についても
自らのHPで賛成の意を示している。小沢代表サイトでのコメント

問題はメディアである。このことに対して、どの程度の規模で扱うのか。
私はそこが焦点になってくると考えている。先日の沖縄の集会は、多くのメディアが
大々的に伝えた。私の考えからすれば当然のことであるが、果たして安倍政権が
続いていた場合、同じ結果となり得たか。福田政権に変わったからと言うことは
大きいと思う。性質の違う問題ではあるが、ここは、今の政治状況にかけたいと思う。
是非ともこの運動を大きく取り上げていただきたい。

ネットでは、参政権と検索すると反対意見が多いことは承知している。
ただ、それが本当の世論だとは思わない。このことに対する世論調査も、ずいぶん長い
間実施されていないため、是非とも世論調査を行っていただきたい。以前も賛成多数
であったが、私は多くの人が今でも賛成ではないかと思う。

また公明党には、この法案を出している責任政党として、与党と連立を組む政党として、
積極的に法案成立に向けて活動して欲しい。党を超えての自由投票でもいいのでは
ないか。まずは審議の場に持ち込んでもらいたい。
[PR]

by chazanmyon | 2007-10-15 00:24 | 参政権

もうすぐ総選挙

明後日は衆議院議員の選挙である。私は会社にいる時間が長いせいか、メディア以外で選挙が近づいていることは感じられない。会社で選挙のことが話題になることもまずない。自分に選挙権がないことを伝えるためにわざと選挙のことを話したりもするが、やはり政治に興味がないせいか、自分のことで精一杯なのか、議論にはならない。

今回の衆議院解散で多くの法案が廃案になったことを忘れてはならない。
戦後補償問題の解決に関する法案、そして永住者への参政権付与法案も廃案になった。
どうもいやなことに国民の目を向けないようにする解散のような気がしてならない。本来であれば、メディアは今年は戦後60年ということで戦後処理などの諸問題について、特集を組んで取り上げるのではないだろうか。それが、この解散そして小泉劇場の演出により、選挙一色に塗り替えられてしまった。そもそも衆院を解散する必要があったのかと考えると(選挙に多くの税金が費やされることを考えると)もう一度衆院で再審議すればよかったのではないかと思えてならない。

自民党の進める弱者切捨ての改革を止めるには民主党に政権をとってもらうしかないが、民主党も前回の選挙ではマニフェストに掲げていた「永住者への参政権付与」がマニフェストから消えてしまった。(HPを色々見たが、参政権に触れていたのは共産党だけだったような・・・)
マニフェストは時流に先んずといったところか、政治には信念というものを期待するほうがむりかもしれないが誠に残念なことである。

選挙を直前にひかえ、今私が思うこと。いつか一票を投じる日がくることを信じて、政治への関心を常に持っておこうと思う。ただそれだけである。
[PR]

by chazanmyon | 2005-09-09 23:34 | 参政権

このような首長がたくさん出てくれば

永住外国人に地方参政権 北脇市長「望ましい」


静岡県浜松市の北脇市長が永住外国人に地方参政権を与えることが望ましいと答えた。
同市は外国人労働者の多い町である。このような市から、今回のような声が上がることは非常にうれしいことだ。このような声が日本全国各地から上がり、凝り固まった考えの政治家たちを動かしてもらえればこんなにうれしいことはないだろう。ある人から静岡はとても人権に対する意識が高く暮らしやすい街だと聞いた。ヤマハをはじめとする企業が多数あり、労働の場が多いことも理由だろうが、外国人の暮らしやすい街という意味でもたくさんの外国人が集まってくるのだろう。うらやましい限りである。
[PR]

by chazanmyon | 2004-12-08 00:20 | 参政権

住民投票も駄目なところもある

あす投開票の相模湖町住民投票 永住外国人除外で反発

神奈川県での住民投票において、永住外国人が除外された。
最近の市町村合併をはじめとする住民投票については、外国人居住地域においては、そのほとんどが、永住外国人に投票権を与えている。神奈川県といえば、横浜をはじめとする外国人が多数住んでいる地域だ。なぜ、永住外国人が除外されたのか全く不思議である。

しかも、この町は”永住外国人に参政権を付与する”という趣旨の意見書を町議会にて採択している。住民投票が参政権への第一歩と考えている人たちにとっては、甚だ遺憾なことである。団体も回答を求めているように、なぜそうなったのか。率直に聞きたい。変な憶測は今はやめておこう。
[PR]

by chazanmyon | 2004-12-02 13:05 | 参政権

またもや継続審議に!!

外国人選挙権法案:継続審議に 自民党内に慎重意見根強く

せっかく審議入りした”外国人参政権法案”がまたもや継続審議となった。
自民党の反対勢力は何を考えているのだろうか。国民固有の権利をよく主張しているが、では住民の権利とはいったい何なのだろうか。納税の義務を果たし、日本社会の一構成員となっている外国人に選挙権を与えることがそんなに日本にとってマイナスなのだろうか。

下記のような自民党の不祥事を聞いて、納税者は何と思うだろう。きっと次の選挙に自民党には票を入れたくないと思うのではないだろうか。私たちにはそれができない。こんなことでは自分たちの暮らす街を良くしようという気持ちも削がれるじゃないか。

日歯連裏献金:初公判 旧橋本派は「沈黙」保つ

次の審議はいつになるかはわからないが、公明党には粘り強くがんばってもらいたい。永住外国人に清き一票を!!
[PR]

by chazanmyon | 2004-11-25 01:16 | 参政権

ようやく審議されたが・・・

公明提案の永住外国人選挙権法案

永住外国人選挙権法案がようやく国会で審議された。
自民、民主ともに反対勢力がたくさんいることで今国会での成立は難しくなった。
上記の記事の最後にあるようにこの法案は違憲ではない。立法化のみなのだ。
どうしてそこまで反対するのだろうか?不思議で仕方がない。
私たち在日は外国人であるが、納税の義務を果たし、住民として日本に生活しているのだ。そんなにほしいのなら日本に帰化すればよいというのは、記事にもあったが、歴史的な経緯を考えれば筋の通らない話だ。

日本の敗戦後、祖国に帰れず日本に残った在日は、サンフランシスコ講和条約にて日本が主権を取り戻したとたんに”外国人”となった。その時に国籍の選択権があったら状況は変わっていたのかもしれない。

この先も日本は外国人労働者をたくさん受け入れざるをえないと思う。増やす前に受け入れ体制を整えなければいけない。韓国も外国人への参政権を認めていない。日本同様に外国人は増える方向にある。どちらも同じ、真の国際化を目指してほしい。
[PR]

by chazanmyon | 2004-11-17 13:09 | 参政権