私の考え


日本に永住する在日韓国人である私の考えです。
by chazanmyon
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2004年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


在韓被爆者

Excite エキサイト : 社会ニュース

いいニュースです。戦後補償でもあるので、日本政府は判決を真摯に受け止め、
対応してほしい。在日韓国人が長崎にいたのは、好きで来たわけではなく、仕方
なくきたのだから。(全てが強制とは言わないが)
やはり日本政府というのは過去史を隠そう、隠そうとしているようにみえてならない。
そんなことをしているとアジア諸国との歴史認識の差はどんどん開いていくのに。
新内閣も憲法改悪内閣のようだし、この先どうなることやら。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-30 13:13 | 日本社会

秋夕(チュソク)

今日はチュソク(旧盆)のため、私の実家では朝からチェサ(法事)があった。

女性は大変だ。昨日の昼から買い出し、料理と大忙し。
今朝も私たち家族は5時半に起きて、実家に向かった。
韓国ではちょうど月曜日から連休となっている。みな田舎に帰って、チェサをする。
日本の暦でその日にすると平日が多いため大変である。終わってから会社や学校と、忙しい。わたしも娘を保育園に送り、会社に向かった。

(最近ではチュソク前の休みの日にすることが多いのだが、色々あって当日にとなった。)

今日もたくさんの料理が並んだ。さぞかしわたしの先祖は喜んだことであろう。何よりもたくさんの供え物を作ってくれた。女性陣に感謝だ。最近では在日の家でもチェサをしない家も増えてきているというが、私たち家族は大事にしていきたい。先祖あっての自分だから。

日本でも男女平等が進んでいるから、いつかは私もチェサの料理を作ることになるかも。
(まずい料理になりそうだが・・・)

今度は正月、なによりもチェサの料理が楽しみな私でした。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-28 13:09 |

誰も止められないのか

Japanese JoongAngIlbo

この中央日報の「時論」には私と同じ考えが書いてあった。
日本が国連の安保理常任理事国入りを表明すると聞いて、これは!と思った。
憲法9条改正を目指す日本の保守勢力にとっては願ってもないことだ。

安保理常任理事国入りには、武力行使を禁止している9条が障壁となる。
このことを逆に憲法改正の追い風にしようというのが政府の狙いだろう。
多くの国民はこのことに気づかず、常任理事国入りといううたい文句にだまされ、
憲法改正をいいことのように思い込んでしまうかもしれない。

郵政改正も同じだと思う。国民の気を何かにそらさせる。つい最近まではそれは年金だった。
非常に巧妙だ。みんなに気づいてほしい。今日本政府が一番したいことは、憲法改正だ。
それは平和国家が戦争ができる国へと進むプロセスの一貫である。
日本のマスコミからこのような論調が出てこないのも違和感を覚える。
誰も止められないのか、時代の流れなんて言わせない。
私の母国日本、平和国家を目指そう。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-28 00:34 | 日本社会

僕と彼女と彼女の生きる道

先週の土曜日に”僕と彼女と彼女の生きる道”というドラマの総集編を見た。
別に見るつもりはなかったんだけど、嫁さんがこれはあなたにお勧めというので見てみた。
30分ぐらい遅れてみたのだが泣けた。通算5回ぐらいは泣いたかも。
印象に残った場面は以下。

草薙の娘が学校でいじめに合い、登校拒否になってしまう。
この登校拒否から立ち直り、父と登校を再開したときに、リンちゃんが言った言葉だ。
「あ、学校にお父さんがいる」、××小学校と書いてある看板を指さして。
そう、学校の校という字の中に父という字が入っているというのだ。
「お父さんがいるから大丈夫」と言ってリンちゃんは元気に学校に入っていった。

何でもないことのようだけど、すごく感動してしまった。
ドラマの背景は草薙は奥さんと離婚するまでは、仕事尽くめの銀行マン。
奥さんはそんな草薙に愛想をつかして出て行ってしまう。
それをきっかけにして、草薙は娘のために会社を辞め、できるだけ一緒にいようと努力していく。
完全なハッピーエンドではなかったが、すごく気持ちのいいドラマだった。
もともとヒューマンドラマに弱い私であるが、久々にはまってしまった。
草薙は今度在日役に挑戦するという。これも見逃せない作品になりそうだ。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-20 13:03 | 日々の出来事

北送事業

北朝鮮帰還事業で新資料 政府や日赤の積極関与明らかに

やはり明らかになってきた。日本政府のあまりにも汚い対応だ。太平洋戦争が終わった後、在日は無国籍者のような状態になった。その後、国籍選択の余地もなく外国人として扱われることになった。その処遇のひどさのあまりに、日本を抜け出したいと思った人はたくさんいたはずだ。そこに転がり込んできたのが北送事業だ。「北は地上の楽園」という噂に期待し、9万人の在日が海を渡り、北に行った。その中には在日の妻となった日本人もいた。

今回の記事にもあるが、日本政府はこの事業に積極的に関与したのだ。要するにやっかい払いをしたかったというのが、本音であろう。北がどんな国でどんな状態でも関係ない、祖国に帰れるのだからいいだろうと。その後の彼らの悲惨な生活はたびたびニュースに出てくる通り、日本以上に辛いものだった。

私の祖母も父ら子ども達を連れ、新潟に向かったことがあるらしい。事情により途中で引き返してきたらしいが、もし行っていたら私は生まれていなかっただろう。当時の日本での生活の辛さが伝わる出来事だ。祖母は昔のことはあまり語らなかった。というか孫には語りたくなかったのだろう。今思えば自分のためにも祖母のためにももっと聞いておけば良かったと思う。

この問題の解決には国交正常化しかきっとないだろう。核問題をはじめ、いろいろな問題はあるが、平和的なそして早期解決を強く望む。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-16 13:06 | 在日

忘れるということ

人は誰でも嫌なことを経験したり、苦しんだりすることがあるだろう。
でもいつしかそれを忘れてしまう。苦しみを忘れること自体は、その人にとっていいことなのかもしれない。しかし、他人が同じ苦しみに遭遇している時、忘れてしまっていると、その人の苦しみはわからなくなってしまう。これでは駄目だ。経験した人を頼って来る人もいるかもしれない、この人ならと。苦しみを忘れることは必要なことかもしれないが、その経験は人に活かさなければいけない。私は人の立場に立って話したり接したりしている(つもりです)。
うまくまとまらないけど、私の考えです。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-15 12:24 |

東京湾系完結

「東京湾景」 最終回を見て

callgate01さんのトラックバックです。在日であることを明かす瞬間の何ともいえない感覚、私もありました。修学旅行は韓国じゃなかったけど、みんなの前というのは結構きつい。私は開き直ることができなかった・・・。

東京湾形については、ある程度年をとっているため、主人公の二人を冷静に見ていました。(色々考えながらも全部見てしまいました)どちらかというとアボジの身になって見ていたのかもしれません。(娘がいるので)アボジが最後にいい人で良かったと、少し涙しました。

これを見た人たちが在日に対してどう思うか気になりますが、色の違うパスポート、外国人登録証、参政権のない話、普段はなかなか表に出ない話が、月9に出たということで良しとしましょう。ハルモニ(おばあさん)はもう少しウリマルなまりがあってもいいような・・・。

今日はまた韓国ドラマ「バリの恋人」を過去最高額でフジテレビが買ったらしいです。
まだまだ続くきそうな韓流、ブームを超えて、これは本物かもなあ。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-14 01:27 | 在日

英雄時代

先週の土曜日、KNTVで英雄時代というドラマを見た。
ていうか、私は知らなかったのだが、父が教えてくれたのだ。
このドラマは昨年?自殺した現代グループの会長の生涯を綴ったものらしい。
昔の話なので日帝時代の話にも触れようです。昨年亡くなった人のドキュメントを
しかも自殺した人の話をドラマでやるなんて、日本では信じられないことだ。
土曜日は家でゆっくり見たのだが、このドラマが土日連続と言うことを忘れていて
日曜日は見逃してしまった。(悲)これからじっくりと見て感想をここで述べることにします。

なぜだろう。私は日本、韓国を問わず、私が生まれていなかった時代に非常に
興味がある。逆に未来には興味がないわけではないが、過去ほどに興味を示せない。
客観的に見ると非常に不健康な状態のようだが、これが私なのだ。

もしかして、韓日が各々歴史的な過去を清算するまで私のこの考えは変わらないかもしれない。
形はどうあれ、韓国は過去史清算に政府が乗り出した。日本にもこれを期待する。
とりあえず、靖国神社参拝中止から始めていただきたい。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-13 13:12 | 韓国社会

つくる会を評価だと!?

MSN-Mainichi INTERACTIVE

石原意外にもおかしな知事がいるようです。
教育界の刺激になればと言っていますが、刺激するのはアジアの近隣諸国である。
侵略を進出と書いたりするような教科書は、過去の侵略戦争を肯定し、日本の再軍備を進めることを手助けするだけである。

以前に愛媛県でも中高一貫校がつくる会の教科書を採用しているし、おかしな知事は全国にいるようなので、また見つけたら寄稿したい。来年の公立中学校の採択に不安を覚えるが、市民の良心に期待したい。以下のようなHPを見つけたので紹介します。もっともっと世論が反発しない・・・。

反つくる会サイト
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-11 07:14 | 歴史問題

びっくりした!!

昨日の地震はさすがにびっくりした。
1回目の時は電車の中、電車が止まったと思ったら、嫁さんから電話だ。
「大丈夫?大丈夫?」何と地震の影響で電車が止まったのだった。
何とか時間がかかりながらも家に着いて、眠ったかなと思ったところに
2回目の地震だ。今度は長い、少しパニックになってしまった。
嫁さんとやはり備えは必要ということで、防災グッズを今週末に揃えよう
ということになった。
しかし子どもはすごい、全く起きなかった。
私ももう少しお酒を飲んでいたら、同じだったかもしれないが・・・。
とにかく無事で良かった。ひゅ~。
[PR]

by chazanmyon | 2004-09-06 13:09 | 日々の出来事