私の考え


日本に永住する在日韓国人である私の考えです。
by chazanmyon
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


地方参政権獲得の好機となれ!

安倍強硬路線から福田温和路線に政権が移行したことにより、政策が
大きく変わる可能性が出てきた。参院で野党が過半数を獲得したことも
大きいが、ここにきて、「永住外国人の参政権獲得」が現実のものとなる
可能性が高まったと考える。

その試金石が、先の沖縄の教科書検定問題だ。
土曜日とは言え、10万人を超える人達が集まり、検定意見撤回を訴えた。
これにメディアが動き、世論も後押しし、政府が動いた。
(まだ現実には動いていないともとれるが)

私も拙速かもしれないが、大きな好機と捉えている。
以下は民団新聞の記事であるが、11月7日に大々的に集会を行うと言う。

http://mindan.org/11-7kekkitaikai/index.htm

平日のど真ん中にどれだけの人が集まるのかはわからないが、しばらく
まともな審議すらされていない「永住外国人に対する参政権付与法案」には
大きな影響を与えるであるだろう。

参院で第一党tなった民主党は、党としては無論賛成の意向であり、小沢代表についても
自らのHPで賛成の意を示している。小沢代表サイトでのコメント

問題はメディアである。このことに対して、どの程度の規模で扱うのか。
私はそこが焦点になってくると考えている。先日の沖縄の集会は、多くのメディアが
大々的に伝えた。私の考えからすれば当然のことであるが、果たして安倍政権が
続いていた場合、同じ結果となり得たか。福田政権に変わったからと言うことは
大きいと思う。性質の違う問題ではあるが、ここは、今の政治状況にかけたいと思う。
是非ともこの運動を大きく取り上げていただきたい。

ネットでは、参政権と検索すると反対意見が多いことは承知している。
ただ、それが本当の世論だとは思わない。このことに対する世論調査も、ずいぶん長い
間実施されていないため、是非とも世論調査を行っていただきたい。以前も賛成多数
であったが、私は多くの人が今でも賛成ではないかと思う。

また公明党には、この法案を出している責任政党として、与党と連立を組む政党として、
積極的に法案成立に向けて活動して欲しい。党を超えての自由投票でもいいのでは
ないか。まずは審議の場に持ち込んでもらいたい。
[PR]

by chazanmyon | 2007-10-15 00:24 | 参政権

南北首脳会談

先日、7年ぶりとなる南北首脳会談が、ピョンヤンで開催された。
ノムヒョン大統領は陸路で、歩いて38度線を越えてピョンヤンに向かった。
前回のキムテジュン元大統領の時に比べると、少し盛り上がりに欠けた
感じもするが、南北の交流の道が閉ざされていなかったことをうれしく思う。

TV映像で見たが、ノムヒョン大統領が歩いて渡った38度線は立派な道路
だった。その前にTV番組で見たが、鉄道もしっかりとつながれている。
ピョンヤンを越えると、ロシアそして中国と陸路で壮大な旅ができるのだ。
そのときを思うととても楽しみでたまらない。

日本の報道を見ていると、あまり肯定的なものはなく(韓国でもそうかも)、
終始、キムジョンイル総書記主導、とのことであった。そもそも前回のキム
テジュン元大統領との間では、次はソウルで、という話があったのに、又
ピョンヤンで、という時点で韓国側が譲歩しているのは否めない。

メディアの多くは、ノムヒョン大統領の目的は選挙対策とのことであるが、
私の意見を述べれば、ないよりましなのだ。開城の工業団地の開発は
着々と進んでいる。武力ではない統一、何より経済開放から始まる緩
やかな統一に向かって、少しずつではあるが進んでいってほしい。

私の親の世代としては、統一は自分以上に思い入れのあることのようだ。
私のアボジは、YTNのインターネットニュースをずっと見ていたと言っていた。
アボジの生きているうちに南北が統一されるなら、こんなにうれしいことはない。
[PR]

by chazanmyon | 2007-10-09 01:01 | 韓国社会

沖縄の声に耳を傾けた福田政権

高校の歴史教科書から文部科学省の検定意見により、民間人の
虐殺の理由から「日本軍からの強要」が削除された問題について、
福田政権が動き出した。私としては期待通りの行動だ。

もし仮に安倍政権が存続していた場合はこれはありえなかっただろう。
まだまだ予断は許さないが、何はともあれよかったよかった。

民主党が参院に決議案を提出しようとしていたことも多少は影響したであろう。
しかし、やはり沖縄の声が大きかったと思う。県、市議会は自民党も含めて
全ての議会が検定意見を撤回するように求める決議案を採択しているのだ。
これを無視して何が民主主義といえよう。

文部科学省からの積極的な修正は政治介入に当たるとかで、今後は
教科書出版社の自主修正を待つとのことだが、ここまでことが大きく
なってきていることからほとんどの出版社が修正を申し出ると思われる。

扶桑社(改善の会の教科書出版予定)や自由社(つくる会の教科書出版)
のような会社だと申請しないのだろうが。。。出版社の動向を注視していこう。
[PR]

by chazanmyon | 2007-10-02 23:39 | 歴史問題